医者

心臓ドックを受けて心筋梗塞を防ぐ~ボディーの異常を見逃さない~

通う

診察

都筑区ではたくさんの方が住んでいるので、その分、内科もたくさんあります。初診時にはそれぞれの病院のシステムが違ってくるので、是非一度問い合わせをしてみるといいです。そうすることで、確実に診てもらうことができます。

詳細を確認する

子供の病気

病棟

多数ある伊丹付近での小児科をどの様に選んでいくかについて、まずは、知り合いの口コミや現在行っている病院を薦められることもありそうですが、まずは、病院のホームページを見ることで、それぞれの特徴などを事前に知ることも大事です。

詳細を確認する

体の異常について

男性

体がだるい・イライラして落ち着きがなくなった・異常に汗かいたり逆に汗に汗をかかなくなった・動悸息切れがする、などの症状が表れたら甲状腺のホルモン分泌の異常が原因かもしれません。この原因は遺伝的要因によるものやストレスなどです。

詳細を確認する

心臓疾患の早期発見法

定期的な心臓ドックが体を病気から守る為の方法にもなります。気になる検査は、專門の病院で行うようにしましょう。

諦めないことが、完治に繋がります。脳動脈瘤の治療なら、こちらの脳神経外科で。世界を救う最先端技術を採用しています。

心臓疾患の未然防止

看護師

心臓疾患は日本人の死亡原因の第2位でおよそ15%を占めています。昨日までは元気だったのに、突然襲ってくるような印象を受けますが、自分でも気がつかないうちに身体が何らかのサインを出しています。そのサインを正しく受け取るためには、心臓ドックを受けてみるのが良いでしょう。心臓ドックの目的は心筋梗塞、弁膜症や不整脈などを調べて未然に防ぐ、または早期発見する事にあります。今の心臓の状態把握や早期発見で心臓疾患のリスクを減らす事が出来るのです。心臓ドックと言っても、検査内容は様々なものがあります。まずは自分には何が必要で、どんな検査をうければ良いかを確認してみましょう。心臓ドックでは一般的な健康診断で行う胸部のレントゲンや心電図の他により精密な検査を行います。

様々な検査

心臓疾患で増加傾向にあるのが、心筋梗塞や狭心症で、いわゆる虚血性心疾患と呼ばれるものです。心臓ドックでは負荷心電図検査が受けられます。これは心筋に意図的に酸素を供給しない状態を誘発して行う検査です。心臓病の検査には主に心電図や胸部レントゲン写真、心エコーなどがありますが、より精密な検査では心臓CT検査が行われます。冠動脈と言われる箇所をマルチスライスCTで様々な角度からリスクの解析を行います。他にも心臓MRI検査があります。心臓は人間の身体のなかで最も激しく動く箇所で、MRI検査は難しいとされていましたが、近年の医療技術の進歩により可能となりました。超音波を用いて心臓の内部構造、機能、心臓の動きや弁膜の状態を詳細に調べることができます。